このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、対応ブラウザでご覧下さい。

「メール・電話・紙」の業務をChatworkに移行する効果と方法

「メール・電話・紙」の業務をChatworkに移行する効果と方法

ビジネスメールの実態調査において、仕事で周囲とコミュニケーションを取る主な手段は「メール」がもっとも多く、99.1%の人が利用していることがわかっています。しかし、残業が多い人は1日あたり約2時間30分をメールにかけているとされ、メールの多さが残業の理由になっている可能性があります。
本資料では、メールや電話、紙でのコミュニケーションを続けた場合のコストをはじめ、それらをChatworkに置き換える手法についてご紹介します。


目次
・メールでのやり取りを続けるとどうなる?
・メールでのやり取りをChatworkに置き換える方法
・電話業務をアナログな手法で続けるとどうなる?
・電話関連のやり取りをChatworkに置き換える方法
・紙でのやり取りをやめるとどうなる?
・ペーパーレスを進めて置き換えも進める方法
・Chatwork活用事例 〜アナログ業務編〜
・この資料を見ていただいた方におすすめの情報

企業名:Chatwork株式会社
検索

お役立ち資料の掲載にご興味のある方は、お気軽にお問合せください。
より効果的で迅速な集客、プロモーションをご提案します。

掲載のお問い合わせ