このページはJavaScriptを使用しています。JavaScriptを有効にして、対応ブラウザでご覧下さい。

当期純利益とは? 他の利益との違いや計算方法・数値からわかること

監修者:竹中啓倫税理士事務所 税理士・米国税理士・認定心理士  竹中 啓倫

当期純利益とは? 他の利益との違いや計算方法・数値からわかること

企業の決算や経理でよく用いられる当期純利益は、企業が1年間の事業活動を通じて得た最終的な純利益のことです。

しかし、当期純利益以外の利益に似たような意味合いの言葉がありますので、その違いを正しく理解し、数値を正しく計算しなければなりません。

この記事では、企業の財務担当者に向けて当期純利益からわかることや計算例をわかりやすく解説します。また、この記事の後半部分では、経営分析手法を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。


当期純利益とは?

当期純利益とは、企業が1年間の事業活動を通じて得た最終的な純利益を指します。具体的には、売上高からすべての経費を引き、法人税などの税金を差し引いた残りの利益のことです。

企業の利益は5つの段階があり、当期純利益はその最終段階にあたる利益です。当期純利益は、企業の収益性や成長性を評価する際に使われる数値であり、企業の健全性や競争力を把握するための基本的な指標となります。

(出典:厚生労働省 経営指標の読み方


当期純利益からわかること

まず、当期純利益からはその事業年度における営業活動の、最終的な成果がわかりますので、事業成果の把握に役立つでしょう。

次に、営業利益や経常利益との関連性が、当期純利益から理解できます。 当期純利益がマイナスであっても、営業利益や経常利益がプラスである場合、企業の本業や他の事業などの収益力が向上していると判断できるためです。

一方、営業利益や経常利益がマイナスである場合、企業の収益力に問題があるかもしれません。当期純利益を分析すると、企業の事業活動や収益力の評価に役立つ情報を得られます。投資家や経営者は、この指標を用いて企業の健全性や競争力を把握し、適切な経営判断や投資判断を行えるでしょう。


当期純利益とその他の利益との違い

まず、当期純利益以外の利益を算出し、当期純利益がわかります。当期純利益にかかわる利益をそれぞれ解説します。

売上総利益(粗利益)

売上総利益(粗利益)は、会社が一定期間で上げた利益を示す指標で、損益計算書(PL)に記載される重要な項目です。

具体的には、売上高から売上原価を引いた金額で計算されます。企業がその商品やサービスから得た純粋な利益を把握できます。売上原価とは、商品やサービスを提供するために必要なコストです。

営業利益

営業利益とは、企業が本業から得る利益のことです。営業利益は、売上総利益から販売費および一般管理費を引いたもので、企業の主要な業務活動に関連する利益を示す指標です。

  • 販売費:商品を販売や宣伝する際に発生したコスト(広告料など)
  • 一般管理費:本業で収益を得るために発生するコスト(管理業務でかかる経費など)

経常利益

経常利益とは、企業が通常実施している業務から得られる利益で、営業利益に営業外収益を加え、営業外費用を差し引いて計算します。

例えば、企業が製造業を営んでいる場合でも、所有する不動産から得られる家賃収入(営業外収益)なども含まれます。

経常利益は企業が通常行っている本業以外での業務において発生した利益ですが、営業利益は売上総利益から販売費および一般管理費を引いたもので、企業の本業に関連する利益だけを示します。

税引前当期純利益

税引前当期純利益とは、企業が法人税などの税金を支払う前に得た利益のことです。税引前当期純利益は、1会計期間における事業活動から得られる利益額を示しています。

企業の本業である営業活動の利益だけでなく、営業外損益(本業以外の損失)や特別利益と特別損失も含まれます。

税引前当期純利益は臨時的なものですので、翌期以降の業績を考える場合を除いて考えなければなりません。特別利益と特別損失とは、企業が通常おこなう経営活動とは異なるものから発生した、利益と損失のことです。


【計算式】当期純利益の求め方

当期純利益の計算方法を具体的な数字を用いて説明します。まず、企業Aの状態を次の通りだと仮定します。

  • 経常利益:100万円
  • 特別損失:10万円
  • 特別利益:20万円
  • 税金30万円

次の公式を使って企業Aの当期純利益を求めます。

  • 経常利益 - 特別損失 + 特別利益 - 税金 = 当期純利益
  • 100万円 - 10万円 + 20万円 - 30万円 = 80万円

企業Aの当期純利益は80万円でした。当期純利益は公式を使えば容易に算出できます。


当期純利益を活用した経営分析

当期純利益を見る場合は、当期純利益と関係のある数値を使った指標を参考にするのがおすすめです。当期純利益を使った代表的な指標と、その活用方法を解説します。

売上高当期純利益率

売上高当期純利益率は、企業が得た売上高に対する当期純利益を表す指標です。収益性を見る上でもっとも重要な項目になります。

売上高当期純利益率を活用すると、企業の利益率や収益性を把握できます。売上高当期純利益は次の計算式で算出します。

  • 売上高当期純利益率(%) = 当期純利益率 ÷ 売上高 × 100

ROA(総資本当期純利益率)

ROA(総資本利益率)は、会社が保有する総資本(自己資本と他人資本)をどれだけ効率的に運用し、利益を生み出しているかを示す指標です。

他人資本(借入金)を大きくして収益性を上げている会社の場合、万が一の事態で倒産するリスクが大きくなりますので、そのリスクもチェックしなければなりません。

ROAは資産運用の効率や経営状況を把握できるでしょう。ROAは次の公式を使うと計算できます。

  • 総資本当期純利益率(%) = 当期純利益 ÷ 総資本 × 100

ROE(自己資本利益率)

ROE(自己資本利益率)は企業が株主から集めた資本を、どの程度効果的に利益に転換しているかを示す指標です。この指標は、企業の収益性や経営状況を分析する際に用いられ、一般的にはROEが10%を超えると優良企業とされます。

また、ROEは株主が重視する指標であるのに対して、ROAは資本全体(自己資本と他人資本)を対象にした指標です。ROEを求める際は次の公式を使いましょう。

  • 自己資本当期純利益率(%) = 当期純利益 ÷ 自己資本(純資産) × 100

当期純利益についてのまとめ

当期純利益は事業の成績がわかる重要な数字です。当期純利益の数字と内訳を知ることで、自社の状況を正しく認識できるでしょう。

ぜひ本記事の内容を参考にしながら、当期純利益の活用方法を理解して経理の分析に役立てましょう。


【書式のテンプレートをお探しなら】

この記事に関連する最新記事

おすすめ書式テンプレート

書式テンプレートをもっと見る

監修者プロフィール

author_item{name}

竹中 啓倫

竹中啓倫税理士事務所 税理士・米国税理士・認定心理士

上場会社の経理部門で個別決算を中心とした決算業務に従事する傍ら、竹中啓倫税理士事務所を主宰する。

税理士事務所では、所得税・法人税を中心に申告業務を行っている一方で、外国税務に関するセミナー講師を行っている。

心理カウンセラーとして、不安を抱える人々に対して寄り添って、心の不安に答えている。

税理士会の会務では、名古屋税理士協同組合理事を務める。

この監修者の他の記事(全て見る

bizoceanジャーナルトップページ